農業は誰の目線で語るべきか?

こんばんは。現在100BANCHはAM5:06。

まだまだ外は暗いですが本日も元気全開で未来のことを考えてワクワクしています。最近活動の幅を広げつつ、多様な視点を得るために色んな方とお話させてもらっています。その中で最近よく話題に出るのは「日本の農業は消費者目線で語られすぎている。」こと。

これに関しては自分自身が消費者の立場に立ったときを考えると、私も「野菜が高いなー。」とか「なんでこんな大きい野菜しかないんだよ。」とか「カット野菜が全然新鮮に見えないから食う気が起こらん。」などなど。言いたい放題言っているので何も言い返せません。言い返すってほどのことでもないんですが、農家さんを保護するとかそんなたいそれたことなんか言いません。ただ思うことは、「そもそも食って何のためにあるんだっけ」ということ。

誰のための農業か?

農業に限らず、食糧を生み出す農業や漁業や畜産業にも言えることだが、個人的な見解としては農業はあなたの子孫かもしれない未来の子供のためにあるべきだと思う。「安心」を未来へ渡すための生産へシフトすることが自明の理であるし、つまりは地球自然に負荷をかけない生産方法を今こそ声に出して世に訴えかける必要があると感じる。

しかしながら、慣行農業で農薬や化学肥料を使用することは他国と比較すると仕方がないことも理解している。なぜなら日本は高温多湿の病原菌となる害虫や草が活発になることは当然であるからだ。実際に、農薬などを使わないことを強く訴えかけ、農家さんたちがそれに従い営農するとすれば、葉っぱに穴があき、サイズ感も違ってしまい市場に出荷ができなくなるかもしれない。この状況が続けばもちろん稼げない農家は「離農」という苦渋の決断をせざるを得なくなる。生産ベースの食料自給率は下がり続け、一方で海外からの輸入農作物に依存する形ができ、それこそ海外でどのように作られているかを知らぬまま口に運ぶことになる。加えて、この先の世界において、気候変動や地政学的リスクによって日本に食糧が供給されるかどうかは分からない。国は自国民を守る義務がある。自国民が飢餓に陥る可能性があれば当然輸出をストップするだろう。確実に将来日本に食の安定供給が続くことを語れる人間はそういないだろう。

つまり何が言いたいかというと、

日本という地理的条件も踏まえたうえで、慣行農業が良いとか、オーガニックだ無農薬野菜だ、と語るのではなく、バランスの問題と食糧生産における根底意識に何があるか?を統一することが先決だとおもう。

しかし残念ながら現在はいろんな考え方が複雑に絡み合っている。これまで皆さんのお腹を満たしてきたのは紛れもなく、農家や漁師や畜産の方だったり、第一次産業に従事してきた先人の方々だ。どんな想いで作っているのかを知ろうとせず、国民の声を代表しているかのように消費者目線で語るメディアもあったかもしれない。テクノロジーの発展もあってか、より消費者は自分がより好むものを、自分の目線に立って選ぶ傾向にある。これはしょうがないのだ。なぜなら調べれば色んな情報が飛び交っているオンラインの世界で全て正しいリテラシーを発揮できる人は非常に少ないからだ。だから、あーだこーだの意見があっても仕方がない。要はバランスをどう保つか、だ。全てが0100である必要はない。

以前、beinspiredに掲載されたエシカルファッションの記事を読んだときに、鎌田ありささんの言葉が印象に残っている。

100%エシカルなんて私には無理。でも私だけじゃなく、0100かにしたら誰も何もできなくなるでしょう?」

URL: http://beinspiredglobal.com/eru-akazawa-memorable-clothes-1

これは全ての一次産業にいえることだとおもう。農業はオーガニックひとつをとっても色んな解釈があるし、国によって基準が違う。実際私のように経済的にそこまでお金をかけられない人だっている。漁業だって同じ。ASCやMSC認証を取ること自体が解決策ではない、消費者がそれを求めるから取得したならば後から自分の首を絞めることになるのは明らかだ。根本的な課題はどこも同じなのだ。

極端じゃなくてもいい

結局は0か100かなんて物差しで測らなくてもいい。消費者は今できる自分のバランスでいい。そこから理想に近づけていけばいいだけだ。「週の土日はオーガニック野菜を摂ろう」でもいいし、「週に一回はどこかで健康的な食事を取るようにしよう」でもいい。消費者が求めれば生産者は作るのだ。需要と供給の原則は基本的に単純だ。世界のみんなが週に一回オーガニックを食べるようになれば世界は大きく変わる。

今できる自分のバランスを作っていけばいい。国も違えば肌の色も違うし、性別も違うけれど、それぞれの心の底でちゃんとつながっていれば自然と未来を作っていけるはずだと信じている。

アクアポニックスの物語

地球でいちばんやさしい話をしよう。

さてさて、はじまりました。

ここでは、地球にいちばんやさしい「アクアポニックス」と呼ばれる新しい価値生産の方法を中心に情報発信していきたいと思います。

とは言いつつ、自分たちの活動の紹介や、アクアポニックスの最新情報の発信、そして海外文献の翻訳など多岐にわたって皆さまにご紹介していければなと思いますので、ゆるくお付き合いくださいませ。

 

とりあえず初めての投稿になりますので自己紹介していきます。

わたくし、クニタカ ユズキといいます。

苗字の漢字がややこしいのと、タイピングしてもクニタカの漢字が候補キーワードで一生出てこない(7年間の付き合いになるMacでさえ)のでカタカナ表記でいきます。こっちのほうが打ちやすいですし。

学生のときにはオランダのロッテルダムという港都市へ留学し、現地のビジネススクールで日本酒をヨーロッパのマーケットにどうフィットさせるか?戦略は?コミュニケーションは?という風なProject-based learningで主に勉学に励んでおりました。その後は、アムステルダムの大手銀行でインターンシップをして、Treasury部門にて日本からオランダに進出している企業様の資金管理をちょこっとだけしていたりと、まあ少し前の話ですが…

オランダ ロッテルダムの風車

 

じゃあ今は何をしているかというと、ふつうに会社員として日々営業しています。

後述していくアクアポニックスの活動においては、現在は外部での活動がメインで、プロジェクトのような位置付けですが近いうちに具体的な形あるものに変えていく予定です。

 

それでは、はじまりはじまり〜

 

アクアポニックスとは?

前述でもちょくちょく出てくる「アクアポニックス」というキーワード。

そもそも何なんだ?という心の声がみなさんから続々と聞こえてきますので紹介していきます。

アクアポニックスとは、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培(土を使わず水と養液を使用して植物を育てる方法)を掛け合わせ、二つを循環させながら作物を作る新しい価値生産の方法です。

 

あたまの中で「???」が出ている方もいるかもしれないので簡単にシステムの概要を説明していきます。

 

上の画像を参考にすると、

① 魚のフンを活用

魚を飼っている水槽の中ではエサを食べた魚たちがフンをしてくれます。アクアリウムをしたことがある方なら分かると思いますが、フンは多すぎると水質を悪くする原因にもなってしまいます。ですがアクアポニックスはこれを活用することで植物の栽培に繋げていきます。通常の露地栽培でも同様ですがフンなどの自然界の有機物は植物や野菜が育つのに重要なファクターです。

② バクテリアが魚のフンを分解

フンを含んだ水は、隣にある水槽へ送られていきます。この水槽にはバクテリア(微生物)がいっぱいいて、フン等の有機物を分解してくれます。

分解のプロセスは、

アンモニア(フンや餌の食べ残し等の有機物)→亜硝酸イオン→硝酸イオン

となります。

実は硝酸という成分は、植物にとって最大の栄養になりますので自然の力のみで植物が育つことが可能なのです。

③ 栄養に富んだ水を植物が吸収

バクテリアによって分解された硝酸を含む水は、隣の植物や野菜のエリアへ流れ込みます。栄養を含んだ水なので植物たちは根っこからグングン栄養を摂取していきます。そしてポイントは、根っこから栄養分だけを吸収してくれるので、残った水はキレイなろ過された水になるわけです。そして最後にこのキレイな水は魚たちの水槽に帰っていきます。

 

基本的には、この①→②→③の循環を繰り返しながら、魚も育ち、植物や野菜も育っていきます。

 

え、エコにフレンドリーすぎない!?

 

いや、本当に悪いところが見当たらないですよね。

実は、硝酸が植物にとって大好物な食事だってことも、恥ずかしながらアクアポニックスをはじめるまで知らずに生きてきました…この人類普遍の事実を知らずに生きてきたなんて、神様すみません、

ですがもう知ったら勝ちですね!

田んぼとか人生で見たことも触れたことないし、魚すらも飼ったことねえよ。。。という方ももう大丈夫!

これでアクアポニックスは何たるかの基礎部分は会得したも同然なのですから!

 

今回は概要だけ、ということなので実はまだまだアクアポニックスの真髄をご紹介できておりません。

システムの話や、メリット/デメリット、結局どこでどのように生かされるの?クニタカって出身は?彼女いるの?まさか妻子持ち?などなど、ご紹介したい(後半はもはやどうでもいい自己満足)ことが山ほどありますので次回以降、徐々に話していきます。

 

「我々は地球を創っている」

よく皆さんから、

アクアポニックスって、とどのつまり農業なの?水産養殖業なの?どっちなの?

と聞かれることが多いです。実際にネットで検索してみると、

アクアポニックスは、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培(土を使わずに水で栽培する農業)を掛け合わせた、新しい農業。魚と植物を1つのシステムで一緒に育てます。魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、地球にやさしい循環型農業です。

 

と書かれており、有機農業の意味合いが強いのかな?と思いがちですが、

わたし個人的にはどちらにもカテゴライズできない新しい生産方法だと考えています。

 

ご冗談でしょうファイマン・クニタカさん?と言いたくなりますが、

理由は明快で、

“どちらかが欠けてもこのアクアポニックスは成立し得ないから”です。

つまり、アクアポニックスのシステムを活用すれば、食用の魚も育てながら観賞用の植物も育てられますし、観賞用の魚で野菜を育てることも可能です。両方が食用でも良いし、観賞用でもいいわけです。

だから、母なる地球が生み出したこの自然循環を大いに活用するアクアポニックスは、紛れもなく「地球業」です。

 

「地球業」

 

かなりのパワーワードだな…

いや、でもこれは疑いの余地もない「地球業」。

 

皆さん、以下、本日のテイクホームメッセージです。

 

“アクアポニックス=地球業”

 

地球業 地球家 クニタカ

人々の個々のライフスタイルによって自分の価値生産の方法を選択することができます。

それは、家族団欒に緑を添えたいファミリーかもしれないし、空間に癒しを取り入れたいサラリーマンかもしれないし、足が悪くなっても園芸を続けたいおじいちゃんやおばあちゃんかもしれない。

100人いたら100通り、いや、もっとそれ以上に多様な価値の生み出し方があるのかもしれない。

 

それだけでもう素敵じゃない?

 

だから、皆さんからアクアポニックスとは?と問われたら

「地球を創り出すことで多様な価値を生み出すこと」

と答えています。

アクアポニックスの循環の仕組みは、まさに地球が人類に教えてくれた最大の恩恵だと思うし、その価値を可視化してくれる一つにアクアポニックスもあるのかなと思っています。

 

捉え方は人それぞれですが、わたしはわたしの思うことを発信していきます。

 

そう、

 

我々は今、地球を創り出しています。

 

秋田県の水産振興センターに視察へ行ってきました

どうも。アクアポニックスを勉強中の強瀬です。

今回は秋田県の協力を得て、水産振興センターの見学をしてきました。

秋田県水産振興センターのリンクはこちら

秋田県水産振興センターとは?

秋田県水産振興センターは秋田県秋田市の中にある、なまはげで有名な男鹿にある水産業を支援する施設。

海沿いにあるので、海のものだけの施設かな?と思いきや、淡水魚の増養殖技術の開発もやっているスゴイ施設なんです。

担当者(博士)の方の案内で、すごく身になる視察になりました〜

エビの稚魚を育てているよう

鮎の卵(天然)が捕れたので、水温を合わせている所。

養殖魚の大きな容器。

臭いもせず、きれいなのでお魚もとっても元気だそう。

今密かに流行るキジハタ。秋田のお店で出している高級魚のようで1匹数千円とのこと。

ただ、育てるのがとてもむずかしいようなので、担当の方は休みを減らして頑張っていると。。

スギの木がふんだんに盛り込まれた工場。海沿いで経年劣化が激しかったようで、新しく建てたとのことです。

自治体や企業と協力して、アクアポニックス今後も頑張っていきます。